OUR TEAM
チーム
奥村克彦
Katsuhiko Okumura
はじめに
クライアントの皆さまは、弁護士に何を求められるでしょうか。

司法試験制度の改革以来、弁護士の数は大幅に増加しました。昔とは違い、テレビやラジオでは、ひんぱんに弁護士事務所のCMが流れ、弁護士はぐっと身近な存在になっているものと思います。
弁護士業界の内側からいえば、過払いや相続、交通事故といった特定の分野に特化した業務を売りにしたり、法律相談や着手金の無料化などをうたって価格競争力で勝ち抜こうとするなど、弁護士間の競争は激化の一途をたどっていると言えます。
弁護士を利用する側からすると、これはこれで低コストで適切なリーガルサービスを受けられるなど、良い方向に進んでいるのではないかと思います。

さて、私の法曹人生ですが、始まりは検事からでした。そして、13年間、検事としての職責を果たし、平成23年7月、弁護士登録いたしました。
私が退官した時期はちょうど弁護士の競争が激しくなっているさなかであり、この時期に弁護士になって食っていけるのかと周りからは相当脅されました。
実際、私は営業や売上、経費などといったものとは無縁の検事の世界で生きてきましたから、弁護士としてやっていけるのかと本当に不安でした。
しかし、結果としては、幸いなことに大きな問題を抱えることなくここまでやってこれました。
平成25年4月には、いわゆる勤務弁護士からパートナー弁護士となり、平成30年1月からは、岡田一毅弁護士と新たに当弁護士事務所を開設することとなりました。
私がここまで順調に弁護士としてやってこれた理由は何なのか、あらためて考えてみますと、もちろん、周りの弁護士の理解や協力がなければやってこれなかったと思います。
また、家族や友人の助けがあったのももちろんですし、クライアントの方々に恵まれていたことも大きな要因だと思います。その意味で、私自身が幸運に恵まれていました。
ただ、振り返ってみると、弁護士登録以来、私は、仕事をする上で、クライアントの皆さまがどのようなことを考えておられるのか、いったいどのようなことを望んでおられるのか、弁護士である私に何ができるのかということを常に考えていました。そして、法律のプロとして、クライアントにどう応えるべきなのかの答えを常に模索し続けてきました。
被疑者、被告人は何を考えているのか、被害者は何を求めているのか、検事としてこの事件をどのように処理すべきなのか、私は検事時代からそう考え続けてきましたが、結局、弁護士になってからも、やっていることは同じでした。

「クライアントの皆さまは弁護士に何を求めるのか?」
私が弁護士としてやることは、この命題の回答を常に考えながら仕事を行うことだと考えています。
ですから、私は、特定の分野にだけ特化するつもりもありませんし、コストが安いだけのリーガルサービスを提供することもないと考えています。
私にできること
取引上のトラブル、会社運営の問題、労使問題、相続争い、交通事故、不動産がからむ問題等々、世の中には様々なトラブルが存在します。
法律は、こういったトラブルを解決(あるいは「決着」といってよいかもしれません)させるためのツールに過ぎません。
問題は、法律を適用してトラブルを解決する前提となる事実関係が何であるのかを見極め、どう確定するかということです。
実は、弁護士だけではなく、裁判官や検事にとって、法律を適用する前提となる事実がいったい何なのかを見極め、確定することが最も難しいことなのです。
場合によれば、その執務の大半をこの事実確定に費やしていると言っても過言ではありません。
ところで、皆さまの中には
「証拠がないから、残念ながら難しいですね」
「録音テープでもないとねえ」
「何か書面でもないんですか」
などと言われて、せっかく弁護士に相談したのに、弁護士から事件処理が難しいといわれて断られたということはないでしょうか。
特に中小企業の経営者の方々などは、弁護士からそう言われて、泣き寝入りするようなことはなかったでしょうか。
確かに事実を見極め、確定するためには、それが証明できなければなりません。そして証明するためには証拠が何よりも必要です。証拠がなければ単なる主張にすぎず、その事実があったことを前提に法律の適用をすることはできません。ですから、証拠がないからご要望にかなうようなことはできませんというという説明は間違っていません。
しかし、本当に証拠はないんでしょうか?本当にクライアントが主張される事実を証明することは難しいんでしょうか。録音テープや契約書の類いの書面だけが証拠なんでしょうか。
そんな、だれでもわかるような証拠類がないからといって事件処理が難しいなどと言うだけなら、弁護士でなくてもできるのではないかと私は思います。
私はこれまで状況証拠だけで否認事件を立証する、事件の筋をみて事実を推測し、その推測事実に見合った証拠の存在を確認する、そして何とかして証拠を見つけ出し、これを入手し、その上で事件を組み立てるということを長年行ってきました。
そういったこれまでの法曹としての経験や知識、時には勘などを動員し、クライアントの皆さまが何を求められるのか、そのご要望をかなえるためにどのような事実が必要か、その証明のためにどのような証拠があるか、それをどうやって入手できるかを考え、クライアントの皆さまにできる限りのリーガルサービスを提供したいと考えています。
  • 経歴など
    昭和42年に京都で誕生、3歳のときに父親を亡くし、以来、2歳年下の妹とともに、母と祖父母に育てられました。
    京都府下の公立小中学校を卒業し、私立洛南高校を経て、大阪大学法学部に入学。
    大学時代は、体育会硬式野球部に所属し、4回生まで野球だけの生活でした。
    本当はそのまま企業に就職し、社会人野球をしたいと考えていましたが、いうほどの実力もなく、肩も壊して野球は断念しました。もっとも、当時、バブル経済が絶頂の時代で就職先には困りませんでしたから、その気になれば、大手商社や金融機関など有名企業に就職できたと思います。しかし、実家で宇治茶の販売業をしており、行きつく受け皿があったことやせっかく法学部に入学したのだからという理由で司法試験の勉強を始めました。
    とはいえ法律の勉強を熱心にしてきたわけでもなく、基礎からの勉強となり、当初の思惑とおりに司法試験に合格するようなことはありありませんでした。
    そして、諸般の事情から司法浪人中の身分で結婚(いわゆる授かり婚ではない)、そのおかげでその翌年の平成7年、司法試験に合格することができました。
    当初は弁護士を考えていましたが、司法修習中に検察教官からお声かけをいただき、平成10年4月、検事任官、東京地検を皮切りに、大阪、神戸、京都など合計7箇所を転勤しましました。
    取り扱った事件は、殺人、強盗といった強行犯、詐欺、背任、脱税といった財政経済犯罪、汚職等の公務員犯罪などで、刑事部、公判部のほか、東京地検や大阪地検での特捜部でも事件を取り扱いました。他方、松山地検宇和島支部では支部長検事、最終の福井地検では三席検事を務めました。
    平成23年3月に退官し、同年7月、京都弁護士会に登録し、現在に至ります。
  • 趣味など
    基本的に体を動かすことが好きですが、現在は、野球とゴルフが中心です。
    特に平成29年からは、京都弁護士会野球部の監督をやっています。
    また、現在はほとんど行く時間がないものの、釣り(基本的に海釣り)も好きで、宇和島や福井では、知り合いの漁船で海釣りに出かけていました。
    それ以外には、沢木耕太郎の「深夜特急」に触発され、平成28年から地元中学の同級生とともに、長距離バスなどを使って毎年少しずつマレー半島を北上するバックパッカーまがいのことを行っています。この先、インドやミャンマーなど東南アジアを旅したいと計画しています。
岡田 一毅
Kazuki Okada
弁護士は「敷居が高い」とよく言われる。でも、あえて親しみやすさ等を押し出すつもりはない。私は真摯にクライアントの話を聞くだけです。
弁護士に相談するのは、敷居が高いとよくいわれる。そういった世間の声に対して、話しやすくて親切な弁護士なので敷居が高くない等と親しみやすさを押し出している法律事務所のホームページをまま見かける。

しかし、弁護士は弁護士になる際に聴き方の訓練を受けているわけではない。
また弁護士になってからもそのような研修の機会は特にない。

だから、どこまで話しやすいのかは実際のところどうなのかよくわからない。
人の話をきちんと聴くということは専門的なトレーニングを受けないと、なかなかきちんと聴けないし、話してもらえない。

じゃあ、どういった機会にその能力の研鑽を受けることができるのか?
それはコーチングのスキルのトレーニングの際である。

コーチングとは、クライアントにコミュニケーションの技法を使って、目標を明確化して、その達成に向けて援助する人材育成手法であるが、このコーチングのフローにクライアントの話をきちんと聞くという場面がある。
コーチングの聴くスキルは、途中でコーチが考えずにすべて聞き取り、そのクライアントの非言語的な意思表示(たとえば身振り手振り)も含めてひたすら遮らず聴くということが要求される。これは相当な訓練をしないとできないものである。

私は、コーチングのプロコーチとして、たくさんのクライアントの話を聞いてきたし、またプロコーチは自らもコーチをつけることになっているので、聴かれる喜びを知っている。
だから、私は、時間の許す限り遮らずひたすら聴くことをモットーとしている。

また、クライアントの発言内容に対して批判もしない。
このような聴き方ができる弁護士がどれだけいるのか、疑問である。 ただ、依頼者からの信頼を勝ち得ている弁護士は、トレーニングを受けていなくても、この聴くということがよくできていると思われるが、少数派であろう。

だから、私はあえて敷居が低いとか高いとかはいわない。
私はクライアントの話を真摯に突っ込まず聴く。
それが心地よいと思われるクライアントは、私の相談を受けたいと思うであろう。
弁護士会副会長を経験して
平成25年4月から今年3月までの1年間、京都弁護士会の副会長に就任しました。
副会長として弁護士会の業務に携わったことで、様々な経験や人脈が生まれ、今後の業務に生かせると思っています。
特に副会長として弁護士会に寄せられる京都弁護士会所属の弁護士の苦情に対応することにより、今求められている弁護士像がわかったような気がします。
費用対効果を説明して、迅速に事件処理をするということです。今後もその点に気をつけてがんばって行きたいと思います。
  • 弁護士になるまで
    大阪万博の年である昭和45年11月、京都にて生まれました。
    公立小中高を経て、平成元年4月に立命館大学法学部入学。
    大学時代は、法学部にもかかわらずマスコミュニケーションの研究をするサークルに没頭しました。
    実家の家業の呉服白生地卸の会社は順調で、卒業後就職することなく司法試験というモラトリアム生活に突入。
    京都の仁和寺の裏にある京都府立聾学校の宿直警備員をしながら司法試験を受け続けました。
    でも、受からなくても実家の後を継げばいいやと思っていた節もあり、本腰を入れて勉強していなかったのが正直なところです。
    勉強時間はせいぜい4時間もあればいい方。
    しかし、平成7年に聾学校が機械警備となって警備員が不要となり、警備員を辞めました。
    家庭教師をしながら勉強を続けていたが、翌年、なんと実家の会社が倒産してしまいました。
    実家の倒産は、取引先の一社が和議申請を行い、売掛金4500万円を一瞬にして失ってしまったのが理由です。
    このとき、まじめに仕事に取り組んでいるだけでは会社は守れないことを実感しました。
    そして中小企業の法的・経営リスク対策を必要性を痛感。
    実家の会社倒産はわたしの意識改革に役に立ったが、そんな悠長なことは言ってられません。
    いままでのモラトリアム生活から、一変、明日の生活費をどうしていくのか、これを考えなければならなりました。
    合格しなければ跡継ぎという退路を完全になくなりました。
    1年間だけ受験勉強に没頭させてくれと親に頼み、司法試験の過去問題分析をしっかり行いました。
    翌年に司法試験合格。27歳の時でありました。
  • その他、活動・参加している団体
    立命館大学法科大学院講師(非常勤)
    弁理士
    (日本弁理士会 弁理士登録番号第14482号)
    税理士
    (近畿税理士会 申告実務は行っていません)
    京都弁護士会副会長(2013年度)
    京都弁護士協同組合理事
    日本弁護士政治連盟京都支部理事
    京都弁護士会中小企業法律支援センター委員会副委員長
    京都弁護士会弁護士業務推進委員会副委員長
    京都弁護士会司法修習委員会副委員長
    京都弁護士会広報委員会委員
    京都弁護士会住宅紛争審査会紛争処理委員及び相談員
    日本コーチ協会正会員
    京都弁護士会クレジットサラ金相談員
    欠陥住宅京都ネット会員(事務局次長)
    起業家グループ「kyoto eggs」アドバイザー
    (財)京都産業21 専門家派遣制度登録専門家
    (有)中小企業診断所 さむらいネットワーク登録専門家
    (財)滋賀県産業支援プラザ登録専門家
  • 趣味
    読書と国内旅行と建築物鑑賞、鉄道。
    鉄道が好きなので、全国各地の裁判所出張は苦になるどころか楽しみ。
    そのため札幌から福岡まで全国各地の裁判所の事件を取り扱っている(というか取り扱いたいと思っている)。
  • 専門分野
    個人様向け取扱業務内容 交通事故、欠陥住宅問題の損害賠償請求、不動産関係請求、相続(遺産分割など)、離婚、医療過誤、知的財産権(著作権など)その他一般民事、家事訴訟、調停、交渉、相続など


    企業様向け取扱業務内容 各種民事商事訴訟及び調停、交渉等の一般企業法務、医療法務(病院など)、労働問題(使用者側)、倒産問題、知的財産権、法律顧問などの予防法務分野
三輪 匠美
Takumi Miwa
弁護士になった理由
この仕事をしていると、「なんで弁護士になろうと思ったのですか?」と問われることがあります。
「両親の仕事関係の法的トラブルを弁護士に助けてもらったことがあり、その姿に憧れて」というのはよく聞く答えです。しかし、私の両親は内装や家具の職人で、法的なトラブルとは無縁だったため、私は幼少期に弁護士に会ったことはありません。

そんな私が弁護士を目指すきっかけとなったのが大学での学びでした。
私は、もともと中学生まで数学と化学、教育に興味があり、将来は中学の理科の教師か薬剤師になろうと思っていました。
しかし、当時全力を注いでいた空手道との兼ね合いで高校は人文系に進むことになり、「将来何になるべきか」がわからなくなっていました。
そんななか大学は、文系科目の中でも興味のあった文学部哲学科に進もうと考え、合格後、親に報告したところ、「おめでとう。でも哲学を学んで将来なにになるの。」と笑顔で聞かれました。
私は、「なんで今更!受験するときに言ってよ!」と心の中で思いながらも、答えに窮してしまいした。この問いは私の人生を変えました。
私は、将来が見えない学問を深く学んでも行き当たりばったりの生活になると思い、受験のし直しを決意しました。
しかし、熟考している時間はなく、「とりあえず、つぶしの利く法学部にでも行くか!」と安易に法学部へ入学しました。
その選択は、結果として正解でした。大学で学んだ法学は、答えが一つではない(むしろ、同じ答えが2つとない)「説得」の学問で、今まで興味のあった数学等にはない魅力を感じました。すなわち、法学は、説得的な論理を自ら構成し、いかにその論理が事案に即しているか、より優れているかを相手(教授や裁判官、他の学生たち)に説得する学問です。
このような「対話型の学問」は、数学のように「自分との対話型の学問」しか知らなかった私にはとても新鮮でした。私はたちまち法学の虜になり、将来は法学の知識を活かした仕事に就きたいと思うようになりました。
空手道のこと
私は6歳のころから、兄弟の影響で伝統派空手道を習っていました。京都は空手道激戦区で、たくさん有名な道場があります。私は、幸運にも過去に世界チャンピオンになったことのある師範に指導していただいていました。
高校に上がってからは、師範が顧問をしている空手道部にも所属しておりましたので、朝練、部活、道場での自主練と、授業の時と寝ている時以外のすべての時間を練習に費やしました。また、部活の休みも年に4~5日程度しかなく、まさに「空手漬け」の生活でした。
日々の練習はつらく「なんのためにここまでやるのか」「自分はどうあるべきか」「自分にはどんな適性があるのか」といつも自問自答していました。
その中で、私は、スポーツと勉強の違いに気が付きました。空手道はスポーツなので、体調や精神状態にその日の動きが大きく左右されます。また、相手のあることなので、不確定要素がぬぐい切れません。そのため、努力を大きく裏切る結果が出ることが多々ありました。
一方、勉強は自分との闘いなので、努力を裏切る要素となる不確定要素が比較的少ないと感じました。体調は多少影響するものの、精神状態については、問題に集中してしまえば大きく影響する要素ではありません。
私は、12年間の空手道生活でこのような違いを感じ、「私には勉強の方が向いている」と結論づけるに至りました。
もっとも、全国大会優勝を目指し、仲間と歩む時間はかけがえのないものでした。家族よりも長時間、一緒に過ごし、つらい練習を励ましあって乗り越え、時には部活運営・戦略についてぶつかり合い、他愛のない話で盛り上がり、最高の3年間を過ごしました。今そのころのことを思い出しても、胸が熱く、そして苦しくなります。また、思い出だけではなく、私たちの学年は、女子団体戦で全国大会に出場し、男子団体ではインターハイ3位の成績を残すことができました。みんなで支えあって残した結果は、困難なことを成し遂げた経験として、今でも自分の中での自信となっています。
また、空手道を長く続けたことによって、忍耐力・精神力・体力・礼儀が身につきました。高校時代、勉強はほとんどしてなかったので、弁護士になるまでの過程でいえば、遠回りをしたようにも思いますが、このころの経験は、「勉強だけした弁護士」にはない深みを自分に与えてくれました。あの頃の空手少女は、今では礼儀を重んじる、体力自慢な弁護士になりました。
  • 仕事を行う上で大切にしていること
    私は、仕事を行うにあたり、依頼者の話をよく聞くことを大切にしています。
    弁護士は専門家であることに誇りを持っている人が多く、「適切な解決を図る!」と意気込むあまり、「専門家である私に任しておきなさい!」と依頼者の話をあまり聞かずに行動してしまうことが時々あるのではないかと思います。
    もっとも、弁護士は依頼者の納得の得られる結論を獲得するために法的知識を使って相手や裁判所を説得するのが仕事であり、その説得の材料は常に依頼者の話の中にあります。事案についての詳しい事実は、依頼者にしかわかりません。
    そのような状態で弁護士が独りよがりに行動してもいい結果を生みません。かといって、依頼者自身が問題となっている事案について、なにが重要な事実であるか、どのようなものが証拠になるのかを正確に判断するのは極めて難しいでしょう。事案の分析、証拠の収集のカギは依頼者と弁護士の協力関係にあります。
    そのため、私は一人よがりにならず、かといって依頼者にすべて任せるのではなく、依頼者の話をよく聞き、対話することを大切にしています。
    また、依頼者が他でもない「この弁護士に頼んでよかった!」と思うのは、「自分の話をよく聞いてくれた」という実感に基づいています。話を十分に聞くことは、依頼者の中の感情を整理することにつながります。事件の結果に関わらず、依頼者に納得して次の一歩を踏み出してもらえるように尽くすことも、弁護士の大切な仕事であると考えています。
    また、弁護士の仕事は相手を説得する仕事ですので、自分の考えを相手に伝えないことには何も始まりません。そのため、どんな物事についても自分の意見を持ち、どういう風に話せば、相手に自分の考えが(より正確に)伝わるかを常に考えながら仕事をしています。それは、相手方に対する説明だけではなく、依頼者の方に対して説明をする時にも同様です。
  • 私の考える「弁護士の仕事とは」
    自分で抱えている問題が、「弁護士に依頼すべきことか」をご自身で判断することはとても難しいと思います。
    そのため、私はまず相談者の話を聞き、弁護士が介入すべき事案であるのかをお伝えさせていただくことにしています。時には、費用対効果の問題で、依頼すべきではないと考えられる事案もあり、その時には、正直にお伝えしています。
    「こんなこと弁護士に相談してもいいのかな」と思うことでも、まずはご相談ください。あなたのお話を聞いたうえで、「弁護士が力になれることかどうか」をはじめに検討の上、お伝えさせていただきます。
    また、弁護士に依頼すれば、法的なサポートが受けられます。それは単に法的な知識を教えてもらえるというものではなく、あなたのお困りごとにあったオーダーメイドの解決法を提示、代行してもらえるというものです。
    私は、①事案の分析、②証拠の収集、③相手方を説得、④妥当な解決までの道のりをあなたの意見を聞きながら、オーダーメイドで設計・説明し、アドバイス、法的手続きの代行を行います。
    同じ分野の事件であっても、一つとして同じものはありません。私は一つ一つの事件に誠実に向き合い、依頼者が納得して次の一歩を踏み出せるように尽力しています。インターネットの普及等で情報を得るのが簡単になった今だからこそ、私は、常にプロフェッショナルとしての自覚を持ち、一人一人を尊重することが大切であると考えています。
  • 経歴
    〇昭和63年 京都に生まれる
    母方の両親は上七軒で西陣織を織っており、京都人としての意識は強くもって生まれています。父が家具や内装の仕事をしており、私を跡取りにしようと女子であるのに「たくみ」と名付けられました。自分の名前はとても気に入っていますが、跡を継げなかったことは少し申し訳なく思っています。
    〇平成18年 龍谷大学法学部に入学
    小学校時代に出会った2人の友人は、急に「弁護士になる!」と言った私を合格までずっとそばで支えてくれました。深く感謝しています。
    また、大学時代にゼミで出会った司法試験仲間は、全員無事に弁護士になっており、今でも頼もしい仲間です。
    大学時代は、部活替わりに、予備校の受付・塾講師・法律事務所の事務員・模試監督・ファミレス・レンタルDVDショップ等、たくさんのアルバイトを掛け持ちしていました。お酒が好きなので、給与は飲み会代に消えてしまいました。
    〇平成23年 立命館大学法科大学院に入学
    大学院においても、かけがえのない仲間と出会いました。まだまだ若輩者ですが、私の人生は周りに恵まれているなぁと振り返ってみてひしひしと感じます。
    〇平成27年 司法試験合格
    司法試験受験3回目で合格しました。合格した時には、「うれしい!」というより、努力が実を結んだことに「ほっとした」という感覚の方が近かったように記憶しています。
    〇平成28年 司法修習開始
    司法修習でもよき友人たちに恵まれました。皆、全国各地で法曹として活躍しています。
    〇平成29年 「赤井・岡田法律事務所」の岡田一毅弁護士の元、執務開始
    〇平成30年 事務所名称変更
    「奥村・岡田総合法律事務所」の岡田一毅弁護士のもと、弁護士として活動し、現在に至る
  • その他の活動・参加している団体
    京都弁護士会 広報委員会委員
    京都弁護士会 法教育委員会委員
    京都弁護士会 若手支援プロジェクトチーム委員
    近畿弁護士連合会 法教育推進委員会委員
    欠陥住宅被害連絡協議会 京都ネット会員(事務局次長)
  • 趣味
    空に関するもの全般。いつか空を自由に飛び回れるようになるのが夢。
    音楽鑑賞。インディーズのライブに時々一人で現れる。特に好きなジャンルはメロコア。
  • 専門分野
    交通事故、欠陥住宅問題、不動産関係請求、相続(遺産分割など)、離婚、その他一般民事、家事訴訟、調停、交渉、など