WORKS
ワークス
業務内容
〜弁護士の仕事内容とは〜
Q
「弁護士に〜を依頼をすれば、具体的に何をしてくれるの?」
弁護士に依頼をされた場合に、具体的に弁護士にどのような事件処理等をするのかを、典型的な事件別に分かり易く説明します。
私のモットー
法律事件も病気と同じで
早期発見・早期治療、
そして何よりも予防が肝心です。
私たち弁護士は、日常的に法律問題に関わっているわけですが、予め弁護士としてアドバイスしていればこんな問題が起こらなかったのにと思うことが本当にたくさんあります。  たとえば契約書に不利な条項が入っているのに気づかず締結してしまった、契約書を交わさずに仕事をしたため、後で売掛金請求が難しくなった、就業規則にセクハラにて解雇できる規定が入っていなかったため解雇が非常に難しくなってしまったなど。  いざ法律問題が発生してしまうと、予防にかかるコストに対して遙かに多額の弁護士費用が発生するばかりではなく、従業員や顧客を失い、賠償金を負担し、財産を失い、さらに解決に時間がかかる、解決できない場合も発生するなど同時多発的に多様な損害を被ることになります。 たとえば解決費用で比較すると法律顧問契約は法人の場合1ヶ月5万円(税別)からであり、この費用だけで弁護士からアドバイスを受けることができ、予防をすることも可能となるのです。
しかし、予防できずに紛争が発生してしまった場合、仮に1,000万円の請求がされた場合、弁護士着手金は50万円(税別)と、なんと10倍にもなり、多額の解決費用が発生してしまいます。  私たちは、このような法律紛争が起こらないようにできる限り予防につとめたいと思い、日常的に企業の法的リスクを最大限逓減させるべく、積極的に法律顧問契約をお受けしております。
例えば、現在、ソフトウェア開発会社、インターネットプロバイダ、医療法人などの相当数の顧問先様の法律顧問として助言指導させていただいております。
具体的にはトップマネジメントに対する法的な助言指導や契約書など法的文書についてのアドバイスです。
その際には法的スキルを存分に生かし、顕在化していない法的リスクについても明らかにするなど、受け身ではなくアクティブに法的リスクを発見していくようにつとめております。 
もちろん、個人の方についても同様のことがいえるため、個人の法律顧問も積極的に受任させていただいております。
大手企業幹部の方や芸術家、個人営業主の方の法律顧問として仕事をさせていただいております。    最後に弁護士は市民のみなさまの負託に応えて法律事務を独占させていただいておりますので、公的な仕事も積極的に取り組むべきであると考えております。
そこで裁判所から依頼される破産管財人、個人再生委員、相続財産管理人等についても時間の許す限り受任するほか、公立小学校のPTAの法律顧問や企業家団体の法律顧問をボランティアで受任するなど微力を尽くしております。
  • 民事・商事事件
    損害賠償請求(欠陥住宅問題、医療過誤事件、交通事故および知的財産権関係について)・不動産・売掛金・貸金請求など。
    欠陥住宅問題、医療過誤問題については、それぞれ協力していただける建築士、医師がおりますので、相談段階で、ご相談内容の方向性を早期に見定めることが可能となっております。
    また、普段から建築士、医師と研究会等を共催して密接な関係を築いておりますので、彼らの思考方法なども含めて熟知しております。
    知的財産権関係については、専業弁理士との提携関係を維持しておりますので、問題の早期把握が可能となっております。
    専門的技術(医療、建築、知財)紛争分野は私たちのもっとも得意とするところです。
  • 法律相談・法律顧問業務・コーチング
    法律顧問業務(現在の顧問先業種:医療法人、ソフトウェア開発会社等)
    コーチング・リーガルコーチング及び一般法律相談業務
  • 会社・個人事業主に関する事件(いわゆる商事事件)
    会社経営者に対する法的助言・商事関係訴訟・労使関係上のアドバイス・労務関係。労使関係についても、コミュニケーション状態の改善から助言指導しております。
  • 家族関係に関する事件(いわゆる家事事件)
    相続・遺産分割・離婚・養育費請求・不貞行為の相手方に対する損害賠償請求等
  • 知的財産権関係事件
    著作権・産業財産権・名誉人格権毀損対策・ネット上の法律問題対策などの指導・訴訟。顧問先様や知人がソフトウェア開発、インターネット、ウェブ制作およびデザイン制作などに関係している会社が多いため、京都にしては比較的取り扱っているほうだと思います。
    特に著作権関係契約書の精査については日常茶飯事となっています。またネット上の発信者情報開示関係についても取り扱っています。
  • 会社倒産の処理・個人の借金対策
    破産手続・個人再生手続・任意整理。特に個人再生手続については多数取り扱っています。
    申立をされる依頼者様側の場合は、その目線にたち、痛みや辛さを共感することを心がけています。
  • 法的文書作成
    契約書、法的鑑定書、内容証明郵便、刑事告訴状等の法的文書作成  *なお、刑事・少年事件については原則として顧問先様関係以外取り扱っておりません。 
取り扱い実績
  • 交通事故損害賠償請求
    交通事故案件は損害保険会社の顧問弁護士をしている関係上、 多数ありますので、下にあげた事件はごく一部です。
    • 歩道を歩行中の被害者が加害者運転の自動車にひかれて死亡した事件  
    • 工事現場で作業車にひかれて死亡した事件
    • 交通事故の結果遷延性意識障害となっていわゆる植物状態となった事件
    • 加害者が無保険であった事件
    • 交通事故による後遺障害が非該当であったが、後遺障害が残存している事件
    • 自転車で走行中、バスから下車した被害者から損害賠償請求された事件
    • 自転車で走行中、夜間に停車中の自動車に衝突した事件
    • 自動車運転中に意識を失い、多重衝突を起こした事件
    • 高級ワインを輸送中のトラックに衝突した事件
    • 自動車が会社屋内に突っ込んできて特殊作業車が損傷し、売上が減少した事件
  • その他の損害賠償、売掛金請求
    これも本当にいろいろとやっておりますので、特に印象に残った事件を挙げております。
    • 工事現場に通じる道をふさがれて工事が遅延して損害が発生した事件
    • 美術館のプロデュースを依頼されたプロデューサーが報酬や損害を請求した事件
    • 依頼したソフトウェアのできが悪く,仕様にあったものが納入されないため、多額の機会損失を被った事件
    • 不動産業者から多額の資産を詐取された事件
  • 相続
    遺産分割調停、遺留分滅殺請求、湯遺言執行者、相続財産管理人などの様々な事件を多数経験しておりますので代表的なものをあげます。
    • 相続財産中の不動産の境界画定や地積更正に時間が掛かった遺産分割調停
    • 遺留分減殺請求が信義則に反するとした遺留分減殺請求訴訟
    • 相続人が多数人いる遺産分割調停
    • 相続財産が営業権など換価に手間の掛かる遺産分割審判
    • お墓の承継人がなかなか決まらなかった遺産分割調停
    • 調停に出頭いただけないので遠方まで出向いて調停をした遺産分割調停
    • 相続人の一部が学資などの多額の特別受益を受けている遺産分割調停
    • 相続人の一部が相続財産の形成(株式)に寄与をしている遺産分割調停
    • 相続財産が山林で処分に困った相続財産管理事件
  • 離婚事件
    これも様々な案件をやっております。印象に残ったものをあげます。
    • 離婚後面接交渉を行っていたが、拒否されたため,損害賠償請求をした事件
    • 離婚後の面接交渉の条件に開きがあった事件
    • 多額の慰謝料を請求された事件
  • 不動産事件
    多数の事件を行なっておりますが、以下は特に印象に残った事件です。
    • 多量の岩や建築材料が放置されていた家屋明渡請求訴訟
    • 土地に特殊な通行権が設定されているが、その内容に争いがあった設定訴訟
    • 用法違反がある風致地区の伝統的家屋の明渡請求調停
    • 境界がどのように定まったのか、その資料が乏しい境界画定請求訴訟
  • 知的財産権事件
    東京、大阪とは違う、京都ならではの伝統文化に絡む知財事件を扱うことが多いです。また顧問先にソフトウェア制作会社ホームページ制作会社があるので、IT関係の事件も少なくありません。
    • 美術物のスキャニングの是非が問われた事件
    • 宗教法人の教祖の写真の加工が問われた事件
    • 文化財の帰属、管理方法の是非が問われた事件
    • ホームページの要求仕様について争われた損害賠償請求訴訟
    • ソフトウェア著作権の仮差押申立事件
    • ホームページがデッドコピーされた損害賠償請求訴訟
  • 倒産事件
    申立代理人だけではなく、破産管財人も多数やっております。
    • 呉服製造卸の破産申立代理人
    • 精密機械製造会社の破産申立代理人
    • ソフトウェア開発会社の破産申立代理人
    • 総菜製造業の破産申立代理人
    • 旅館業の破産管財人
    • 雑貨卸フランチャイズチェーンの破産管財人
    • 子ども服製造販売業の破産管財人
    • 医療機器販売会社の破産管財人